在庫・品切

生産終了で価格が高騰!人気の日本製レコーダー【DMR-BZT665】

dmr-bzt665.jpg
パナソニックは、2014-15年のブルーレイレコーダー「DIGA」新モデルとして
5機種を10月20日より発売。

 ・DMR-BRZ2000(3チューナー HDD2TB)  ・DMR-BRZ1000(3チューナー HDD1TB)
 ・DMR-BRW1000(2チューナー HDD1TB)  ・DMR-BRW500 (2チューナー HDD500GB)
 ・DMR-BRS500 (1チューナー HDD500GB) 

それにともない、DMR-BWT660の生産終了と今が買い時!はお伝えしましたが
その裏で話題になっているのが、同じく生産終了となった「DMR-BZT665」の価格高騰。
6月に発売されたばかりの新製品が突然の生産終了その原因は?

続きを読む

【品切注意!】DMR-BWT660/560は在庫残りわずか買い時はイマ!

ついに10月下旬の発売が決まった新製品「ブルーレイディーガ DMR- BRW1000/BRW500」

BRW1000/BRW500

新商品の筐体は前面がミラー加工されてデザインが変更されていますが、
機能についてはBWT660と同等(マイナーチェンジ)のようです。

今が買い時!在庫がなくなる前に最安値でGet!

新商品発売にともない、DMR-BWT660/560は生産完了⇒流通在庫のみとなります。
処分価格に入った今、市場価格は40,000円台前半で推移。間違いなくイマが買い時です!

⇒DMR-BWT660の楽天市場|最安値はこちら

新商品(BRW1000)と旧型品(BWT660)どっちがいいの?

ちなみにDMR-BRW1000は、10月20日の発売予定で予想価格は7万円台後半となっており、
(すでにコジマでは、75,384円(ポイント10%還元)で予約受付しています。)

新製品は、4K画質や対応機器との親和性などの性能が向上したものの
基本機能はほとんど変わらずに、実売価格で30,000円の差があることを考えると
しばらく(在庫があるうち)は、BWT660に流れる状況になるでしょう。

PAGE
TOP