【利用者レビューまとめ】パナソニックDMR-BWT660 ブルーレイディスクレコーダー

高評価のレビュー

  • 画質が落ちる「長時間録画モード」で録画した映像も、これまでの機種に比べてぜんぜんキレイ!
  • 15倍録画+1TBで最大1350時間も撮りためできるのがいい。
    15倍でも画質は十分(少しブロックノイズはありますが)
  • 子供のアニメ録画用に購入!アニメモードで録画すると輪郭線がはっきりしてたしかにみやすい
  • パナソニックのテレビ(ビエラ)と組み合わせると、リビングで録画⇒自分の部屋で視聴が実現
    配線なしで設定できたのでこれはおすすめ。
  • パソコンからキーボードを使って録画した番組のタイトル変更ができるのがとてもラク。
  • スマホで撮影した写真を、Wifiで簡単に取り込めるのが気に入りました。
  • 無線LANだからインターネットにすぐつながりました。
    Youtubeもテレビの大画面で大迫力です!
  • レスポンスがとにかく早い!起動・番組表表示・録画はもちろんトレイの開閉まで!
  • 有料ですが、外出先でスマホからも録画予約できるDiMORA(ディモーラ)は重宝してます。

低評価のレビュー

  • 東芝と比べて編集機能が弱い!チャプター編集(部分書き出しができない・チャプターが1秒単位)
  • リモコンが直感的に使えない。説明書をみながらという感じです
  • DVDレコーダー3台目の買い替えですが、他メーカーに比べて録画リストなど画面構成がわかりづらい
  • CD再生すると再生位置がずれるナビゲーションがわかりにくいなどオーディオ機器としては不向き
  • ダビング操作がややこしく(いろいろ設定や条件があり)説明書をみないとわかりません。

評価まとめ

長時間録画での画質の良さや操作レスポンスの速さは高い評価を得ています。
編集面での機能が他社メーカーに比べると若干弱い感がありますので、
ドラマやアニメなどを「録画して見て消す」ことがメインの方におすすめの機種です。
※たいていの方が、編集までしている時間がないのでこれに落ち着くと思いますが・・・

自分の使用感では、編集をメインにされるなら「東芝」がおすすめです。

【性能・価格比較】パナソニックDMR-BWT660/ソニーBDZ-EW1100/シャープBD-W1500/東芝DBR-Z420

ブルーレイレコーダー(1TB・2チューナータイプ)主要メーカー比較表

メーカー パナソニック SONY シャープ 東芝
価格参考
商品名 ブルーレイ
ディーガ
 ブルーレイ
ディスクレコーダー
AQUOS
ブルーレイ
REGZA
ブルーレイ
型式 DMR-BWT660 BDZ-EW1100 BD-W1500 DBR-Z420
HDD容量 1TB 1TB 1TB 1TB
チューナー 2 2 2 2
画質 ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★
編集機能 ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★
操作性 ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ 
予約 ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★
起動スピード ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★★
騒音 ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★
D映像出力 × × 1 ×
アナログ映像・音声
入力/出力
入力:1 入力:1 入力:1/出力:1 出力:1
HDMI出力 1 1 1 1
デジタル音声出力 × 1 1 ×
外付けHDD対応
外形寸法 幅430mm
高さ41.5mm
奥行189mm
幅430mm
高さ46.5mm
奥行244mm
幅430mm
高さ58mm
奥行236mm
幅430mm
高さ46mm
奥行199mm

【最安】パナソニックDMR-BWT660 ブルーレイディスクレコーダー

パナソニックから2013年冬に発売された
「HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー」
DIGAシリーズ4機種(DMR-BZT860・760・DMR-BWT660・560)
の中で、最主力商品とされている1TB・2チューナータイプ

【画質】★★★★★

2012年モデルから採用している

「4K/24pアップコンバート」
「マスターグレードビデオコーディング」がウリ!

市販ブルーレイディスク作品はもちろん、ハイビジョン放送も高画質に
コンバート(変換)して出力。

このクラス(価格)で、この性能(画質)はまず損のない買い物かと。

【編集】★★★

チャプター編集・トリミングなど他社に比べるとそこまで凝っていない
(重視していない)傾向は以前から。

ライフスタイル(使用目的)が、撮りため⇒視聴⇒削除のみならば問題なく、
大事なコンテンツの編集・保存が目的ならば少し物足りない感はあり。

【録画・予約】★★★★

新「おまかせ録画」機能を搭載しており、いくつかの条件を設定することで
そのジャンルの番組を自動で録画してくれます。

当然このての機能は「HDDの容量オーバー」がネックになるため。
10日後(20日後)に自動削除する機能も備えてます。

設定するしないは自由ですし、設定しても大事なものはプロテクトをかけることも可能です。

【総評】★★★★

性能(画質・HDD容量)と価格のバランスがよく、
同時期モデルではNo1商品かと。

「編集面でのきめ細かさ」を重視するこだわり派!
でもない限りはまず満足できます。

撮って⇒見て⇒消してのルーチンワークがメインの方はとくに。。。

1TBと容量も十分ですし、この機種はある程度画質を落としても
荒れが少ないので、本当に大事なもの(保存しておくもの)以外は
低画質に設定しておけば、HDDも快適に回せます。

1 7 8 9 10
PAGE
TOP