【価格・性能比較】ディーガ用外付けHDDはどれがおすすめ?

最新のディーガ対応外付けHDDはこちらにまとめています。DIGA2016年モデル対応|外付けHDD性能・価格比較一覧はこちら

年末に向けてそろそろハードディスクの準備が必要なこの時期

hdd.jpg

特番を2番組録画していると、1TBあったはずのハードディスクが残りわずか!
なんてことにも。。。そんなときに便利なのが「外付けHDD
最近はどのメーカーも外部のハードディスクに書き出しできて、USB3.0対応ならあっという間です。ということで、ディーガ用のおすすめ「外付けHDD」を、メーカー・性能・価格でまとめてみました。

ディーガ用の外付けHDDは?

もちろんディーガも【外付けHDD対応】最大8台まで登録※しておくことができます。
※つなげるのは1台のみ。登録をしておけるだけです。
パナソニックがディーガ・ビエラ用でおすすめしているのは下記の機種。

usbhdd.jpg

↑の画像の通り、純正品を含めていくつか種類があります。

ディーガにおすすめは、大容量+USB3.0

ディーガはご説明の通り、外付けHDDを同時に接続できるのは「1台のみ」です。
登録ができるとはいえハードディスクを何度も差し替えすることはめったにしません。

なので、おすすめはたくさん撮ってためておける大容量のもの。
DMR-BWT660に追加するのであれば、2TB以上がおすすめです。
そして、USBは転送速度の速い3.0タイプが絶対です。(最近は2.0のほうが少なくなってます)

純正品・各メーカー容量別の価格比較

ということで、各機種の価格を下記リンクの記事で比較してみました。

最新のディーガ対応外付けHDDはこちらにまとめています。DIGA2016年モデル対応|外付けHDD性能・価格比較一覧はこちら

まとめ

パナソニック純正品は500GBしかなく、価格も割高なので「おトク」感はありませんが、
接続や設定などがすごく苦手という方には、一番カンタンに設定できるという意味でおすすめ。

テレビやパソコンの設定に慣れている方でしたら、バッファローやIOデータの外付けHDDでも
設定は簡単ですので、こちらで十分です。

価格はややIOデータが割安ですが、レビューでは不具合が少ないのが「バッファロー
価格差もほとんどないので、一番のおすすめは【バッファロー2TB】かと
ハードディスクが消耗品と考えると、3TBで価格が倍近くになるとちょっと冒険です。
3TBに手を出すならIOデータのほうが価格的に魅力です。

PAGE
TOP